相続の登記や相続放棄、遺言、生前贈与のご相談。
 札幌市内及び札幌近郊(江別市、恵庭市、北広島市、石狩市など)
 相続に関するお問合せは
さっぽろ相続センター   平日 9:00〜17:30
  電話 011−281−7722
      (あかり行政書士法人内)
 
遺言 生前贈与 相続 価格 料金 報酬 無料 相談 お問合せ
 
遺言 生前贈与 相続 価格 料金 報酬
 ・ 遺 言
 ・ 生前贈与
 ・ 相 続
 ・ 価 格
遺言
 ・ 遺言でできること
 ・ 遺言の必要性
 ・ 遺言がない場合
 ・ 遺言作成までの流れ
生前贈与
 ・ 生前贈与について
 ・ 相続時精算課税
 ・ 生前贈与の流れ
相続
 ・ 相続発生後の手続き
 ・ 遺産分割協議の要件
 ・ 遺産分割協議書の書き方
お問合せ
 ・ 電話でのお問合せ
 ・ FAXでのお問合せ
 ・ メールでのお問合せ
リンク集
 ・ あかり会計
 ・ アンビシャス会計事務所
 ・ ABE社労士事務所
 ・ 長谷川行政書士事務所
 ・ さっぽろ会社設立.com
 ・ さっぽろ助成金センター
 
遺産分割協議書 書き方 内容
 
@ 書面を残す必要があるか?
まず、遺産分割協議所は必ず作成しなければならないわけではありませんが、協議の内容を明確にするため書面に残した方がよいでしょう。
後日の紛争を避けることにもつながります。
また、法定相続分ではなく、遺産分割協議の結果で不動産の相続登記を申請する場合や、遺産分割をしたうえで税務申告をする場合は、遺産分割協議書を提出しなければならないので、作成の必要があります。
 
A 遺産分割協議書の内容をどうするか?
遺産分割協議には通常、次の内容を記載します。
 1:相続財産や負債
遺産の内容を特定できる範囲で記載します。
例えば、土地ならば所在・地番・地目・広さなどです。
また、相続する場合、プラスの財産だけでなく負債も相続することになるので、それも記載します。
 2:誰が相続するか
上記の遺産を誰が相続するのかを記載します。
もちろん、ひとつの財産を単独で所有することも、共有にすることも可能です。
 3:全相続人(法定代理人)の署名と捺印
遺産分割協議の結果を証明するため各相続人が署名(記名可)捺印します。
なお、公的な証明書とするためには印鑑証明書を添付することになるので、この場合は実印で押印します。
 4:相続の概要
相続の概要として、被相続人の氏名や死亡年月日を記載します。
 5:その他
記載漏れの財産があるときは、原則再度協議を行わなければなりません。
この手間を防ぐため「協議書に載っていない財産は、○○が相続する。」といった文言を入れておくと便利です。
ただし、予想外の財産や負債が発覚することもあるので注意は必要です。
 

遺言 生前贈与 相続 料金 価格 報酬 無料 相談 お問合せ